顎ニキビ 治らない

顎ニキビが治らない・・・

顎ニキビが治らない

できてしまった顎ニキビのケア方法は?

 

食事や生活習慣に気をつけていても、いつの間にかできてしまうニキビに頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。特に顔やその周辺にニキビができてしまうと、目立ちやすく気になってしまい、ついついニキビを潰してしまうこともあるでしょう。
すでにできてしまったニキビの効果的なケア方法とはどのような方法なのでしょうか。

 

<顎ニキビに刺激を与えない>

できてしまったニキビには、なるべく刺激を与えないことが大切です。
例えば、ニキビのある部分を触らない、ニキビを潰さないといった「ニキビを直接触る」行為はなるべく避けるようにしましょう。ニキビに触れてしまうと、そこから雑菌が入りやすくなり、ニキビがさらに悪化してしまう原因を作ってしまいます。
直接手で触ることだけでなく、タオルや洋服などでゴシゴシこするのも厳禁です。洗顔をする時にも手でこすりすぎないよう、石鹸や洗顔フォームの泡で優しく洗顔し、ぬるま湯できれいに洗い流したら、柔らかいタオルで顔を優しく押えるように水分を取り除くようにしましょう。

 

<顎ニキビができた肌になるべく触れない>

刺激を与えないようにすることと同じですが、ニキビができてしまった部分にはなるべく触れないように心がけてください。
例えば顔にできてしまったニキビがある場合、ニキビが気になるからといって1日に何度も顔を洗うようなことをしていては、かえってニキビが治りにくくなることがあります。洗顔は朝と夜の最低限にするようにし、スキンケアもなるべくシンプルなものにして、肌に触れる回数や時間を減らすようにしてみましょう。

 

<メイクは軽めを心がける>

普段しているメイクでも、ニキビにとっては刺激や負担の原因となります。
顔にニキビができてしまったら、メイクをせずにニキビを治すことに専念することが理想ですが、仕事の都合などでどうしてもメイクをしなければならないこともあるでしょう。そんな時には、肌に優しいミネラルパウダーを使用したり、メイクを重ねる回数を減らせるBBクリームなどを使用して、肌やニキビへの負担を減らしてみてください。
そして帰宅してメイクが必要なくなったら、なるべく早くメイクを落とすようにします。この時もなるべく肌に負担をかけず、優しくクレンジングできるタイプのメイク落としを使用するようにすれば、さらにニキビに優しいスキンケアができます。

更新履歴


このページの先頭へ戻る